最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)       【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳、経営支援】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
今年もありがとうございました
0

     少し早いですが、今年最後の記事とさせていただきます。

     

     今年も、依頼者様、官公庁の担当者様、先輩方、秋田県行政書士会など様々な関係者のご協力・ご指導の下、年末を迎えることができました。そして、新規のお客様に関与できたことももちろんですが、今までのお客様に変わらずにご依頼・ご相談いただけたことに感謝しております。

     

     来年もまたよろしくお願い申し上げます。

     

     

    追:明日10日以降の新規のご相談につきましては、打ち合わせ・着手は来年以降になります。

    | 雑記 | 20:10 | - | - | - |
    予定等
    0

       12月となりました。

       

       新規のご依頼につきましては、訪問・打ち合わせ等はすぐには対応できない時期ではありますが、来年以降の事業計画・許認可取得計画など、早期のご相談は承っておりますので、ぜひご利用をご検討くださいますようお願い申し上げます。

       

       

      | 業務 | 12:22 | - | - | - |
      0

         先週は、例年より遅い初雪が降りました。晴れの日でも気温はぐっと寒くなりました。

         

         毎年、初雪と共にタイヤをスタッドレスに替え、「今年も終わりだな」という気分になります。今年は、経営革新等支援機関の認定を取得したり、同業者の方々のお話を伺ったり、生活習慣を見直したり、少しではありますが自分を広げることができたのではないかと思います。

         

         ところで、昨シーズンはとにかく寒かったです。何回も水道管が凍結する気温になりました。今年は去年ほどは寒くならないことを願っております。

        | 雑記 | 15:31 | - | - | - |
        解体格付けと建設業の業種
        0

           平成31・32年度定期入札から秋田県には解体が追加されることは建設業者様はご存知のことと思われます。この格付けや発注の際の建設業業種の区分は自治体においても準用されますので重要です。

           

           なにかを解体する工事は、専門工事において建設された目的物のみを解体する場合は該当する専門工事、総合的な企画・指導・調整が必要な場合は土木一式又は建築一式、それ以外の場合が解体工事と分類されておりました。

           

           秋田県解体(格付け工種)は、土木一式又は建築一式(解体に該当する工事)、解体工事によって構成されています。7月に秋田県によって発表された基準によりますと、建物については、

           

          建物 建設業法上の業種
          平屋建 解体
          2階建(床300平米未満) 解体
          2階建(床300平米以上) 建築一式
          3階建以上 建築一式

           

           このように分類されます。建物の構造・規模からほぼ明確に業種を判断できるのでこの基準は重要です。ここで、秋田県又は秋田県内の市町村の解体工事の応札には、解体格付けAがあったうえで、建物の規模に応じた建設業法上の業種の許可総合評定値が必要となります。工事経歴書も上記の区分に従って記載します。工事現場の主任技術者も業種に応じた技術者様としなければなりません。

           

           公共の建物の解体は、建設業法上の区分が建築一式となる工事がけっこうあるはずです。

           

           注意が必要なのは、H29・30年度、建設業の業種解体工事のみで解体格付けを得ていた建設業者様です。今回も同様に申請した場合、建築一式の許可と総合評定値が必要な解体工事を受注できなくなるからです。来年1月31日までに建築一式をとって総合評定値を得る(総合評定値が出てしまっている場合はやり直しになります)か、又は中間年で建築一式の総合評定値を得られるように準備するか、2つの方法が考えられます。

           

           上記のケースに該当する建設業者様には、ぜひ当事務所へご相談くださいますようお願い申し上げます。

          | 建設業 | 13:35 | - | - | - |
          横手支部無料相談会
          0

             横手支部の無料相談会の告知です。

             

             日時は、10月20日(土)、午前11時から午後3時までイオンスーパーセンター横手南店1階にて開催されます。営業に関する許認可や、相続、遺言など、行政書士業務全般にわたり相談をうけつけております。

             

             ぜひご利用くださいますようお願い申し上げます。

            | 告知、広告、情報 | 19:14 | - | - | - |