最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)
     
【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳】
【起業、事業計画、融資、資金繰り】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
4月の営業について
0

     4月につきましては、6日(月)、13日(月)、21日(火)、22日(水)が不在等にあたり、打ち合わせ・ご相談ができない場合がございます。不在の際には、もしよろしければメールでのお問い合わせもご利用していただければと思います。

     

     つい先日、確定申告を終えました。2月に、「今年以降は定期的な記帳を〜」と記事にしましたが、記帳に限らず、事務・雑務を日々の業務の中で終わらせるように業務体制を整えるようにしていきたいと思います。

     

     4月が年度初めの事業者様は多いと思われます。今年度も、何卒よろしくお願い申し上げます。

     

     

     

    追 Д粥璽襯妊鵐Εークについて

     当事務所では、5月の7日(木)、8日(金)は通常通りの営業日です。ご相談お待ちいたしております。それ以外の日につきましては、メールをご利用お願い申し上げます。

     

    追◆Ц柩冂汗綾成金について

     雇用調整助成金及びコロナに伴う特例措置、に関しましては、その書類の作成・提出代理は、社会保険労務士の業務です。私は社会保険労務士の登録者ではございませんので、承ることができません。社会保険労務士の先生に直接ご相談くださいますようお願い申し上げます。

    | 告知、広告、情報 | 14:44 | - | - | - |
    3月の営業について
    0

       3月につきましては、12日(木)、13日(金)、23日(月)が不在等にあたり、打ち合わせ・ご相談ができない場合がございます。今のところ、それ以外の日につきましては平常通り営業の予定です。

       

       今年も、経審入札についてはいくつかの変更点がありました。経審入札に参加しておられる建設業者様で、ご興味がある、又は今後は体制をきちんと整備したいとお考えになった、等の場合は、ぜひお問い合わせ・ご相談くださいますようお願い申し上げます。

       

       また、建設業者様で個人事業の場合、来月が決算変更届(事業年度報告書)の期限です。こちらにつきましても、ぜひお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

      | 告知、広告、情報 | 20:14 | - | - | - |
      2月の受任に関して
      0

         私自身の確定申告の準備の関係上、2月の受任・遂行にはある程度の遅れが生じる可能性がございます。

         

         申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。今年(令和2年)からは、記帳等は定期的に行い、申告シーズンでも通常通りに受任・遂行できるように改善いたします。

        | 告知、広告、情報 | 18:17 | - | - | - |
        建設業・業種追加
        0

           今年に入ってからも、建設業業種追加のご相談・ご依頼があります。建設業法第3条1項の規定と、その監督規定としての第28条第1項第6号及び同第2項、罰則規定としての第47条の影響だと思います。

           

           元請様・下請様、ともに影響を受ける部分でありますので、工事区分、請負金額、付帯工事かどうか等、きちんと検討して適切に対応する必要があります。建設業法は、許可が必要かどうかの基準、許可の要件、許可取得後の義務、監督規定、罰則など、建設業許可の取得のための部分だけではなく、建設業者様が満たすべき義務・監督官庁の対応まで、一体として第1条の目的を果たすために構成されています

           

           今後は、様々な要因が考慮されつつも、徐々に適切な指導・措置が取られるようになっていくと考えられます。産廃業などは、建設業よりもずっと前から厳しくなっています。建設業許可につきましても、単に受注金額制限をはずすというメリットの側面だけではなく、それを維持するために適切な実態を確保しそれに基づく申請・届出をしなくてはならないということも意識するようにしていかなければならなくなると思います。大雑把に申しますと、秋田県が他都道府県並みの監督・処分状況になると多くの建設業者様にはけっこうな負担になるのではないか、という印象です。

           

           業種追加でありましても、それ以外でありましても、不安な点がありましたら、ぜひご相談くださいますようお願い申し上げます。

          | 建設業 | 19:55 | - | - | - |
          スタッドレス4年目(IG5plus)
          0

             スタッドレスが4シーズン目を迎えています。横浜タイヤのIG5plusという銘柄です。保管する時は、冷暗所(実家の小屋)に保管しています。年間走行距離は11,000〜15,000キロ程度です。

             

             アイス路面・圧雪路面、特に問題はないです。冬の制動距離をわかっている人には、4年目のこのタイヤでも問題ないと思われます。もう1〜2シーズン行けそうですが溝が問題です。私はスタッドレスを早く装着し遅くまで外さないので溝の減りはそこそこ多いほうだと思います。今シーズンはとくに減りが多そうです。

             

             ただし、これは、現在の横浜タイヤの最新モデルではありません。現在は、IG6というさらに性能がよいものが販売されております。他の商品でもそうですが、私が購入してから数年後のレビュー(特に経年耐性)を記事にしたとき、すでにそのモデルは存在しないということが多々あります

            | レビュー | 13:03 | - | - | - |