最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)
     
【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳】
【起業、事業計画、融資、資金繰り】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
<< 行政書士とはなんぞ | main | 無料相談会にて >>
行政書士とはなんぞぁ幣まとめ)
0
     許認可とか市民法務とか業務分類が言われているようですが。

     私としては依頼者様によってわけると
    会社・事業に関すること(事業者様)
    家庭に関すること(個人の方)
     と考えています。

    そして以来が必要となる時点(依頼者様のタイミング)は
    始まり(会社設立、許認可、車庫証明など)
    存続中(許認可更新、各種変更、会計書類など)
    終わり又は引き継ぎ(離婚、相続、遺言など)
     と考えています。

    「事業者様か、個人の方」の「始まり、存続中、終わり又は引き継ぎ」に際して、「依頼者様に必要なお手伝いをする」。このように整理しています。気づかれる方がおられると思いますが、「始める」「続ける」ときは、「〜の要件を満たしていること」を証明する必要があり、「終わる・引き継ぐ」ときは、「それまでの財産をどう分けるか」という合意が必要になっています。


     ですから、⑴会社・事業については、「ある要件をみたしているか」個人の方については、「だれにどういう権利があるか」を表すと、こういうことになるわけです。これらは、日常、よく書く文章であるという方は少ないですから、そこで行政書士が引き受けることに意味があるわけです
    | 行政書士ってなに? | 11:24 | - | - | - |