最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)
     
【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳】
【起業、事業計画、融資、資金繰り】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
<< 健康運動教室 | main | 予定について >>
建設業における技術者不足
0

     建設業者様における技術者不足は、新聞でも何度かとりあげられていましたが、秋田では現在すでに問題となっております。直接建設業者様から聞くこともありますし、データでいえば秋田県庁の平成29年4月26日の秋田県建設業審議会担い手確保・育成小部会中間報告などがあります。端的に言えば、全国平均よりも秋田県のほうが状況が悪いです。

     

     経審又は入札において、若年技術者(技術職35歳未満)又は若年採用者(30歳未満)は評価対象となりますが、これに該当する場合がない建設業者様がほとんどです。また、事業報告書における平均年齢も高く、主力となる技術者様が50代以上という場合も多いです。こうなると、加点云々よりも、10年後20年後の受注能力はどうなるのかということになります。

     

     ハローワークで求人を出しても、求める資格又は経験年数のある方はなかなか見つからないようです。

     

     そこで、自社育成という発想になる場合が多いようですが、今度は、新卒又は若年者の建設業への就職率が低いという事実がでてきます。

     

     明確な対策を用意できている建設業者様はあまりおられないようです。私にはこの方面の知識はなく、また、今後も習得するのはむずかしいと思われますが、お力になれず残念です。

    | 建設業 | 15:57 | - | - | - |