最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)
     
【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳】
【起業、事業計画、融資、資金繰り】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
<< 市民後見人について | main | 成年後見制度研修を終えて >>
行政書士法の一部を改正する法律(H26.6.27)
0
     昨日湯沢雄勝支部研修会がありました。横手支部、大仙支部からも参加がありました。二つテーマがあったのですが、その一つが、「行政書士法の一部を改正する法律」です。これは秋田県行政書士会長が講師として招かれました。
     
     99.9%の方が聞いたことも興味もないかもしれませんが、平成26年度6月27日、公布されています。これは、・・・「
    行政書士が作成した」官公署に提出する書類にかかる許認可等に関する「審査請求、異議申し立て、再審査請求など行政庁に対する不服申し立ての手続きについて代理し」、及び「その手続きについて官公署に提出する書類を作成すること」を業とすることができる」・・・と、業務範囲が拡大されるものです。

     また、・・・その業務を行う行政書士は、「
    行政書士会連合会がその会則で定めるところにより実施する研修の課程を修了した行政書士(これを特定行政書士とする)に限り」行うことができる・・・と業務にすることができる行政書士に制限を設けることも定められています。

     見る人が見れば軋轢が想像される内容となっています。


     そして上記の法律は、平成26年度12月27日より施行されます。が、まだ一人も特定行政書士なる者は存在しません。研修自体来年度のことになりますし、その日程・費用など暫定のものにすぎない、そういう段階です。許認可関係に特化している行政書士にとっては、思うところあり、というところでしょうか。

     私など、そのような行政不服申し立ての件数さえ把握していない状況で、勉強不足を認めざるを得ません。まず、調査してみたいと思います。

     しかし行政書士法に関わらず、法改正とは多いものですね。会社法、相続税法、民法、介護関係・・・。

     
    | 行政書士ってなに? | 06:33 | - | - | - |