最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)
     
【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳】
【起業、事業計画、融資、資金繰り】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
<< 許認可取得計画 | main | なぜ、遺産分割されないまま時間が経過するケースが多いのか >>
健康
0

     健康に興味をもつようになってきました。

     

     行政書士は時期によって忙しさが違い、それが生活にダイレクトに反映されますので、適当に生活していたら生活習慣病になりそうな気がしてきたのです。私は、筋力・瞬発力など、スポーツに要求される体力よりも、疲れにくい・健康につながる体力が必要だと思うようになりました。

     

     「やってはいけないウォーキング」という有名な書籍を買い、読んでみました。高齢社会を早くから見通し、長期にわたる研究をつづけてこられた有名な先生が著したものであり、様々な誤解を指摘し、かつ、具体的なウォーキングの効果について説明されておりました。誤解の指摘は興味深いものでした。私のような素人はどうしても、「運動なら多くやったほうがいいのではないか」などと思ってしまいますが、そういうものではないようです。

     

     キーワードは「8000歩・20分」、一日8000歩と強度が中くらいの運動を20分、これが人体に良いとのことでした。自分の1日の歩数とかあまり考えてきませんでしたが、歩数計など買ってみて、なんとか生活に取り入れていきたいと思います。歩数計は、買って使ってみたらレビューします。

     

    ㊟8000歩・20分について

    これは、8000歩歩いてかつ、そのうえで中強度の運動を20分という意味ではありませんでした。8000歩の中に、中強度で歩いている時間が20分あればいいということでした。

     

    ㊟2 目的について

    この本で紹介しているウォーキングは、ダイエットではなく健康を目的としています。

     

    ㊟3 この本で紹介している方法のもととなる研究の対象年齢について

    この本で紹介している理論のもととなった研究では、65歳以上の方について調査していました。

     

    追:他の方と健康に関する話をする機会が増えました。私が思っていたより多くの人がこの8000歩・中強度20分のウォーキングについて知っていました(「テレビで見た」という方が複数いたので、私がこの本を買うずっと前から有名だったのだと知りました)。さらに、ダイエットとなると、私より詳しい人がほとんどでした。サプリメントの活用やら運動前の筋トレやら、いろいろな知識があるようです。健康志向は定着しているといってよさそうです。新聞広告などで、健康食品・ダイエット食品をよく見るのも納得できます。運動・食事で健康を維持することができ、社会保障費が削減されるというのであればこれは国にとっても良いことだと思われます。

    | 雑記 | 05:44 | - | - | - |