最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)       【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳、経営支援】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
<< 健康 | main | 相続・遺言・農地に関する無料相談会@ね・ま〜れ >>
なぜ、遺産分割されないまま時間が経過するケースが多いのか
0

     秋田の県南では、「被相続人の死亡後、数年あるいは数十年にわたって遺産分割がされない」というケースはけっこうあります。

     

     以下のような理由があるのではないかと思われました。

     

    1.代々同じ場所に住んできて、境界が問題となったことがない

    2.固定資産税は自動的にその家に住む相続人の誰かに課されるので、特に意識されない

    3.兄弟は都市部などで一家を構えており、相続財産のうちの不動産に興味を感じていない

    4.不動産以外の資産、例えば金融資産の割合が多くはない

    5.不動産は長男・長女などいわゆる家を継ぐ者がそのまま使用し続けるため、管理に問題がない

    6.相続人に、大きな借金がある人がいない

    7.なんとなく、どうすればいいかイメージがわかない

     

     このような点があわさって、「今なにかをしなくても、(相続人の全員が)実生活上問題ない」という帰結に至る場合がそれなりの割合であったのではないでしょうか。家には一人が残り、かつ、家を出た兄弟姉妹は自立し、相続財産の取得に興味がなかった、ということであれば、なにもされないまま時間が過ぎるということは十分にありうると思われます。

     

     

    追:新聞で、全国の土地の2割は「所有者不明土地」という記事がありました。ただ、どの都道府県もまんべんなく2割ではなく、人口の多い都道府県ほどその割合は少なく、人口の少ない都道府県ほどその割合は大きいと思われます。

    | 連載:わかる!相続講座 | 20:41 | - | - | - |