最近の記事(5日分)
分類
年度・月別
モバイル読み取り用
qrcode
当事務所運営サイト
このブログについて
その他

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

横手市の行政書士・経営革新等支援機関のブログ

藤原行政書士事務所(行政書士・認定支援機関  藤原 悟)       【許認可(建設,産廃,宅建,運送)、補助金、会計記帳、経営支援】      

横手市、湯沢市、大仙市、美郷町、羽後町でのお手続き・経営改善、私が支えます。                  0182-23-6930
超音波洗浄機
0

     超音波洗浄機というものを買いました。シチズンのSW5800というモデルです。

     

     メガネ屋さんに行くと洗浄してもらえますが、洗浄のために定期的に行くというのは気が引けますし、布でだと拭きづらい箇所があるので買ってみました。

     

     水を入れ、洗浄剤を入れて、タイマーを設定して「ON]のボタンを押すだけでした。水面に非常に小さな干渉しあっている波が出ているのが見えました。3分すると、すこ〜しだけ水が濁っていました。取り出してみると確かに布で拭きづらい部分の汚れが落ちていました。ただ、メガネ屋さんにあるものとくらべると洗浄力は小さいと思います。

     

     メガネの掃除が相当楽になりました。時計もたまには洗浄する予定です。

    | レビュー | 18:01 | - | - | - |
    シュレッダー(B−151C)
    0

       諸事情により、シュレッダーを買い換えました。

       フェローズのB−151Cというモデルにしてみました。16枚裁断静音性が売りのモデルです。

       

       裁断枚数が多いため非常に快適です。恐らくですが、人数1ケタの事務系事務所で使用しても問題ないと思われます。音は、以前のものと比べるとかなり静かです(恐らくですが、55〜58dbくらいだと思われます)。モーター音そのものより、紙が裁断される音のほうが大きく聞こえる、という具合です。裁断サイズは4mm×36mmでした(以前のは5mm×27mm)。裁断された紙の面積は、144平方ミリ>135平方ミリと大きくなっていますが、短辺が小さくなったことにより、文字の読み取りについてはより難しくなっています。5mmのときは、紙片に2字くらい入るときもありましたが、4mmだとそれがまずありません。3mm裁断のモデルだともっと安全だと思いますが、〆蚤膾枌撚椎祝膺堯↓耐久性に難がでてくるので、必要十分と思った4mmにしました。

       メンテナンスについてはフェローズシュレッダー専用オイルがあり、このオイルはかなりコストパフォーマンスが高いです。オイルシートよりはるかに安くつきます。今回は初期からオイルを使用しています。

       

      ↓参考:裁断した場合のサイズ

       

       フェローズというメーカーにしたのは、レビューなどで見て、耐久性がよさそうだったからです。事務系の事務所で使用するにはけっこういい商品だと思いますので取り上げてみました。

       

      追:2018.5.8

       1年ちょっとたちました。オイルは定期的に(月に2回くらい)さしてきました。裁断能力は殆ど落ちてはいないですが、刃の表面の硬化コーティングのようなものは剥がれてきています。16枚裁断可能と表記がありましたが、12枚くらいいれれると切断しきれない場合がありましたので、大体6枚くらいずつ裁断しています。安定して裁断できるのは、8〜10枚くらいではないでしょうか。これでも、1回あたり20分ほど使えるので、処分する紙が多くても熱をもって止まることはありませんでした。

       このモデルを買った後、「他社のオートフィード(紙を置いたら後は自動で裁断してくれる)モデルがよかったのかな」と思ったことがありましたが、そのタイプのモデルは紙を送るローラーの寿命があって交換費用が高いことを知り、結局はこれで良かったと思いました。

      | レビュー | 20:50 | - | - | - |
      冬用ワイパーの寿命
      0

         東北では、冬季は、ジョイント部分が凍結しない冬用ワイパーに交換している人がほとんどではないでしょうか。

         

         私は、ホーマックなどでサイズのみ確認して買っています。夏季ははずして袋にいれて保管するようにしています。特に一つのメーカーのものを買ってきたわけではありませんが、だからこそわかることがあります。それは、寿命は概ね3年で尽きるということです。そしてその最後のほうは、ガラスに接するゴム部分が、端のほうから切れてきてそれなりに大きい吹き残しが生じるようになります。

         ガラスに接するゴムに水がついて凍るときがどうしてもあります(溶けたり凍ったりするような気温のとき)。あの状態での稼働のダメージが大きいのかもしれません。2年しかもたなかったことはありますが、4年以上もったことはないです。

         

         冬用ワイパーは、何を買うかによる差が小さい商品ではないかと思います。

        | レビュー | 07:50 | - | - | - |
        アイスガード5plus◆淵▲ぅ后
        0

           最近急に積もり、アイス路面を走ることが多くなりました。

           

           アイスガード5plusのインプレといっても以前のIG30+との比較になります。かなり感覚的な表現になってしまいますが、(1)縦方向に5〜10%くらい、(2)横方向に10〜20%くらいグリップが良くなったような印象を受けました。縦にくらべ、横へのグリップはハッキリと良くなったと思われます。IG30+のときは、あまり抵抗しないであっさりずれる感じでした。トレッドのパターンがかなり変わりましたので、十分にあり得る性能向上だと思います。

           11月9日に交換したので、皮むきは十分にできている状態です。

           

           「IG30+の6シーズン目との比較ではないか」と思われるかもしれませんが、IG30+は、初年度から横方向へのグリップはそれほど良くはなかったです。横に安定すると、(橋や生活道路などの狭い道でのすれ違いの時など)疲れにくい気がしました。

           

           経年劣化が少ないことが売りのモデルなので、5シーズンは期待したいところです。5シーズンが私がスタッドレスに求める耐久年数です。

           

          ㊟今回は、以前と車両状況が変わり、ブリザック系との比較はできません。

           

          追 アイス路面かつ表面が溶けているという状況(外気温1〜2℃、晴天)を走る機会がありました。流れの中での減速・停車でグリップに問題ありませんでしたので、一番肝心のアイス性能は大丈夫と言ってよいと思われます。

           

          追◆圧雪も大丈夫でした。

           

          追:アイス・圧雪については、まず間違いなくIG30よりも縦にも横にも強くなっていると思います。縦も、前よりABSが作動しにくいです。経年劣化耐性については、2021年に記事にする予定です。過去のモデルのIG30+と比べて良くなったと思いますし満足していますが、同時点の他社のモデルとの比較は今回はしていないため情報が足りず、おすすめできるスタッドレスと言うことまではできません。

          | レビュー | 14:43 | - | - | - |
          バッテリー
          0

             2012年の冬から、ユアサのエコアールLSというバッテリーを使ってきました。およそ、4年間6万キロほどの使用でした。車両は三菱ランサー1500cc(アイドリングストップなしたぶん充電制御もなし)です。乗り方としては短距離走行は少なく(10キロ〜100キロ)、追加電装はカーナビのみです。

             

             「今シーズンも大丈夫かな」と思っていましたが、12月半ばくらいから急に不安定な始動をするようになり、交換しました。同じ銘柄でいいと思っていましたが、生産終了となっていたので、今回はユアサのエコRロングライフ(アイドリングストップ車非対応)というものにしました。60B19Lで6,600円くらいでした。ユアサにこだわりがあるのかというと、そうではありません。メンテナンスフリーの液栓を開けることができないタイプのバッテリーだと、いざ補充電が必要となったとき(バッテリーをあげてしまった場合など)困るからです。↓エコRロングライフの画像。液面はほぼ見えません。

             書けるのは、もう生産されていないエコアールLSについてのレビューとなってしまいます。買い替えるまでの4年間、最後の1週間くらいまで、始動状態は良好でした。補水はしたことはありません補充電は、年1回くらいしましたバッテリーをあげたことはありません。不安定な始動とは、次のようなものです。セルを回す際の音の間隔が長くなったり、始動後に車両に振動が発生したり(始動直後の電流を流せていない)しました。電圧は12.6Vだったので、充電不足が原因ではないと判断し交換となりました。急に調子が悪くなったという印象です。

             

             バッテリーは始動することが役割であり、使用する個人の使用状況はその人にとっては当然の前提なので、使用条件が比較されることなく、単純に「何年持ったか」による評価がされやすいと思われます。そのため、他人のレビューから自分が使った場合どれだけもつかを考えるのは難しい面がありそうです。自分としては、エコアールLSは4回冬を越えてくれたから十分です。

            | レビュー | 18:55 | - | - | - |